HOME > オルソケラトロジー
オルソケラトロジーのしくみ
オルソケラトロジーのメリット
治療の流れ
治療費用
オルソケラトロジーは、就寝中にコンタクトレンズをつけて角膜の形を矯正することで、手術しないで近視を治していく方法です。
上記は、オルソケラトロジーのイメージ図です。レーシックという手術による近視治療は、角膜の中心付近をレーザーで平らに削ります。オルソケラトロジーは、その代わりに特殊なコンタクトレンズで角膜の中央を押さえることで角膜を平らにします。就寝中に平らになった角膜は、朝起きてレンズをはずしてもその形を保つため、近視が減ってくるという訳です。
レーシック等手術による治療はいったん角膜を削ると元には戻せないのに対し、オルソケラトロジーは装用をやめればしばらくして元の形に戻るため、逆に安心して治療を受けられます。またオルソケラトロジーは近視の進行を抑えるという報告もあります。

日中コンタクトレンズをしたくない方、スポーツなどのためコンタクトや眼鏡の装用が困難な方にはお勧めです。ただし就寝時にオルソレンズを装用しなくなると近視は徐々に元に戻りますので、装用を続ける必要があります。
まず適応があるか、眼の異常の有無について検査(この時点では保険診療)します。
月曜午前・午後、水曜午前、木曜午前、金曜午前・午後にご来院ください。
適応があり、治療をご希望であれば、予約をとって治療プログラム開始。
(今後保険が使えず自費診療となります)・・適するレンズを決定。
翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヵ月後、3ヵ月後、その後は3ヶ月毎を基本に定期検査をします。
トラブル防止のため定期検査は必ず受けて下さい。
  • 初期治療費用: 両眼157,000円、 片眼85,000円
  • 2年目以降の診察費用:年間 15,000円(診察費用、3ヶ月に1回交換のレンズケース代含む)他に洗浄液等は別途費用がかかります。
  • 3〜4年目にレンズを新しくします。その際の費用は別途必要です。
東レ ブレスオーコレクトも扱っております。
運転免許更新の際はオルソケラトロジー治療中であることをお伝え下さい。自費診療ですが、医療費控除の対象になります。
順番予約をする
午前 9:00〜12:15(診察 9:30〜)
午後 2:30〜05:00(診察 3:00〜)
休診 日曜・祝日・木曜午後・土曜午後
※1 火曜日午前の受付は11:30まで
※2 慶應義塾大学眼科医師
※3 第2土曜日は江下、第1.3.4.5土曜日は小西
眼鏡の処方箋ご希望の方、初めてコンタクトレンズをされる方、眼底検査ご希望の方は、検査に時間がかかりますので、順番より早めにご来院ください。
アクセスマップ
新百合ヶ丘駅南口。OPAとエルミロード(イトーヨーカ堂)の間の道を進み、エルミロード裏の信号のある横断歩道を渡り、右に50m進む。1階に美容院(イメージア)のあるビルの7階。
to page top